子どもの、夢の病院をつくるプロジェクト。10億円集まれば、それが夢ではなくなります。

このプロジェクトについて

みなさんの夢のアイテムを募集しています。

あなたが考える
夢の病院アイテム募集中。
いただいたアイデアから、
ショッピングアイテムが
どんどん増えていきます。

応募する

家族や友人と離ればなれで暮らす
子どもたちは、病気だけでなく、
人知れず孤独と闘っています。
話さなくても、姿が見えるだけでいい。
テレビ電話は、そんな子どもたちの
夢を叶えるライフライン。
早い段階での導入が望まれます。

発案者の声

  • 友人の子どもが入院中、
    一日中ずっとスカイプでつないでいた時のことです。
    お父さんが嘔吐下痢で病室に来ることが
    出来なかったからスカイプになったそうなのですが、
    画面の向こうの自宅にいるお父さんが、
    頻繁にトイレに行く様子を見て
    『またトイレ行ったわ~』『あ~出てきたわ~』
    『だいじょうぶ~?』と、
    家では当たり前の出来事を
    画面を通して共有できることで、
    家族に安心感が生まれるというところに
    『納得!テレビ電話!』と思いました
  • お話ししなくても、
    様子を見ているだけでいいのが、テレビ電話ですよね
  • 付き添いしている方も、
    個室の場合だと何かとひとりにする場面が多く
    (給食の食器を返しに行ったり、尿を捨てに行く時、
    1階に買物に行く時など)、
    そんな時スカイプはめちゃくちゃ役立ちました。
    画面を通して、そこにいるだけで
    (途中から直接話はせず息子は他のことであそび、
    主人はパソコンで仕事をしていました)
    『孤独』をすごく和らげてくれます
  • お見舞いに来られると
    しんどいときもあります。
    その点、テレビ電話ならこちらがしんどくて、
    見られたくないときは画面を切れるのも、
    いいところだと思います

お値段

1万0000円

口

「寄付カートに追加」をクリックすると
このアイテムの金額が寄付としてカートに追加されます。

現在の寄付総額

1億
1814万
5972円

2015.03.04に
0円を追加いたしました。
※寄付総額は累計です。
 総額は1週間ごとに
 更新いたします。

日本財団の支援によりCANPAN決済システムを利用しています。

クレジットカード(Visa・MasterCard)以外での寄付はこちらから