子どもの、夢の病院をつくるプロジェクト。10億円集まれば、それが夢ではなくなります。

このプロジェクトについて

みなさんの夢のアイテムを募集しています。

あなたが考える
夢の病院アイテム募集中。
いただいたアイデアから、
ショッピングアイテムが
どんどん増えていきます。

応募する

寝相の問題だけでは、済まされません。
症状によっては、ベッド柵に頭をぶつけることで、
命に関わることだってあるのです。
子どもが安心して眠れるベッドがあれば、
介護する親だって、ゆっくり眠れます。

発案者の声

  • 骨髄移植時、ベッド柵に
    頭をぶつけても大丈夫なようにするよう
    看護師さんから指示がありました。
    子ども用のお風呂マットがちょうど良かったので、
    数枚買い込み、ベッド柵に縛り付けました。
    そうすると、ベッドの中が見えなくなり、
    かえって危険になりました
  • 小児がんの子どもたちは、
    化学療法の副作用で血小板という、
    かさぶたの役割をする血液の一部が減少します。
    つまり、出血しやすい状態になります。
    とくに頭蓋内出血は命に関わります。
    だから頭をうったり、おなかをうったりしないように
    注意しなければなりません。
    しかし、1歳くらいの子どもが、
    柵に閉じ込められたベッドで
    安静にしているはずがありません。
    暴れ回って、柵をがんがん叩いたり、
    ダダをこねて頭をうつこともあります

お値段

4000円

口

「寄付カートに追加」をクリックすると
このアイテムの金額が寄付としてカートに追加されます。

現在の寄付総額

1億
1814万
5972円

2015.03.04に
0円を追加いたしました。
※寄付総額は累計です。
 総額は1週間ごとに
 更新いたします。

日本財団の支援によりCANPAN決済システムを利用しています。

クレジットカード(Visa・MasterCard)以外での寄付はこちらから