子どもの、夢の病院をつくるプロジェクト。10億円集まれば、それが夢ではなくなります。

このプロジェクトについて

みなさんの夢のアイテムを募集しています。

あなたが考える
夢の病院アイテム募集中。
いただいたアイデアから、
ショッピングアイテムが
どんどん増えていきます。

応募する

点滴の交換タイミングは、昼夜を問わずやってきます。
就寝後は自動的に知らせてくれるアラームに
頼らざるをおえないのが現状ですが、
その音のために、眠れない夜を過ごすこともしばしばです。
患者も介護する人の安眠を確保するために、
新しいポンプの登場が望まれています。

※点滴のアラームがなるのは、ルートが閉塞になったとき。ルートに気泡がたまったとき。輸液が完了したときなど多種です。

発案者の声

  • 個室では隣の子のアラームが。
    大部屋では必ず一回誰かのアラームが鳴り、
    母は夜中にできるだけ早く音を消すように
    素早く起き上がります。おちおち寝ていられません。
    たまに、自分の子どものアラームが鳴っても
    気がつかないお母さんもいるので、
    そのときは隣か向いのお母さんが
    ナースコールで看護師さんへ連絡します
  • 付き添いが起きるのはアラームだけではありません。
    子どもがどこかが痛い、しんどいと言えば起き、
    おしっこを出す利尿剤や点滴のせいで、
    子どものおむつがえやおしっこに何度も起き、
    看護師さんが入って来てライトがまぶしかったり、
    カーテンの音にびっくりしたりして起き、
    そして自分や人のアラームで起き……。
    1回でも起きる回数を減らしたいです

お値段

6000円

口

「寄付カートに追加」をクリックすると
このアイテムの金額が寄付としてカートに追加されます。

現在の寄付総額

1億
1814万
5972円

2015.03.04に
0円を追加いたしました。
※寄付総額は累計です。
 総額は1週間ごとに
 更新いたします。

日本財団の支援によりCANPAN決済システムを利用しています。

クレジットカード(Visa・MasterCard)以外での寄付はこちらから