子どもの、夢の病院をつくるプロジェクト。10億円集まれば、それが夢ではなくなります。

このプロジェクトについて

みなさんの夢のアイテムを募集しています。

あなたが考える
夢の病院アイテム募集中。
いただいたアイデアから、
ショッピングアイテムが
どんどん増えていきます。

応募する

今までに投稿されたアイテム

今までにみなさんから投稿していただいた夢の病院アイテムです。
採用されたアイテムには採用マークが表示されます。

2010.7.14
3つのアイテムが採用されました! NEW
  • No.138

    おかあさんマスク

    入院中の心細いとき、やはりそばに居て欲しいのは優しいおかあさん。
    病室を巡回するときやナースコールで呼ばれた時に看護婦さんが「おかあさんマスク」をかぶれば、看てあげる子のお母さんの顔になってくれます。
    どんなに優しい看護婦さんでもおかあさんにはかなわないですからね。

    くろちゃんさん(40代・男性)2009年10月01日

  • No.137

    いろんな景色が見える窓

    長いこと病室に居ると、窓から見ることが出来る風景っていつも同じ。それでも、元気な外の世界が見える窓は、貴重な存在です。
    それならもっといろんな景色を見ることが出来る窓があったら、つらい入院生活にも少しだけ潤いができるかな、と想って…。

    くろちゃんさん(40代・男性)2009年10月01日

  • No.136

    毎日色を選べるいろいろな色の布団

    かわいい色のふとん、かっこいいふとん、こどもはそういうのが大好きです。色がある布団は落ち着きます。なぜなら、家の布団はいろいろがらが付いています。なのに病院の布団は、無地つまり白ですよね。だからそういう布団があったらいいなと思ったので書いてみました。

    natukiさん(10代・女性)2009年10月01日

  • No.135

    色々選べるプロジェクター

    私は海外で小児癌の息子の治療で病院を行ったり来たりしています。その時に持っていったアイテムでテントウムシの形をしていて星空を映せるプロジェクターで、夜、電気を消した後にそれをつけて夜空を楽しんでいました。赤、青、緑など色が選べます。
    そのほかでは息子の好きなキャラクターのプロジェクターを持って行っては映して楽しんでいました。治療や状況によっては部屋から一歩も出れない事ありますよね。そういう時に心がなごみました。

    Starzさん(30代・女性)2009年09月22日

  • No.134

    好きな色が選べる点滴スタンド

    時には長い時間をともにしなくてはならない点滴スタンド。けれども、その色やデザインは、とても無機質な印象がある。その点滴スタンドの色をその日の気分によって選べると、ほんの少しでも点滴スタンドという“相棒”に愛着が持てるのではないかと思って考案しました。

    のんさん(30代・女性)2009年09月21日

現在の寄付総額

1億
1814万
5972円

2015.03.04に
0円を追加いたしました。
※寄付総額は累計です。
 総額は1週間ごとに
 更新いたします。

日本財団の支援によりCANPAN決済システムを利用しています。

クレジットカード(Visa・MasterCard)以外での寄付はこちらから